2018/07/07ピーズエンジニアリングの活動
相鉄希望ヶ丘駅にあるポリテクセンター関東にて、溶接実習を受講しました。

第2回『機械設計技術者のための溶接技術セミナー』として、溶接実習を受講しました。

講師はおなじみ二宮先生。今回は実習ということで、有村先生と講師2名体制で教えていただけました。

溶接は体験実習とはいえ大変危険な作業ですので、まずは説明を良く聞きます。

場所を実習室に移して、さらに具体的な説明を受けました。

まずは、ガス切断のデモンストレーション。

ガス切断は免許が必要な作業のため、今回は見学のみですが、厚い金属板が目の前で簡単に切断されていく様子には圧倒されました。

いよいよ実習。まずは、防護具を着用します。

今回は合計4種類のアーク溶接(被覆アーク溶接、マグ溶接(半自動アーク溶接)、TIG溶接(アルミ)、TIG溶接(ステンレス))を体験しました。

◆被覆アーク溶接

◆マグ溶接(半自動アーク溶接)

◆TIG溶接(アルミ・ステンレス)

実習の最後に、五角形のアルミ板を溶接で接合したものに水圧をかけて球体に近づけるという実験を見せていただきました。

最終的に溶接部が破れて水が噴き出すところまで水圧をかけたのですが、板は丸みを帯び、しっかりと溶接されている様子が見て取れました。

最後に、プラズマ切断も体験することができました。

実習終了後、山本社長から7月がお誕生日の社員へプレゼントが贈られました。

また、7月は山本社長のお誕生日です。

今年も社員一同から山本社長へネクタイをプレゼントしました。

全体会後は、横浜駅に場所を移し、6月に入社した社員の歓迎会を行いました♪

(取材担当:林)